もしキャッシングの返済が出来なかった時はどうなるの・・・?

返済期日が遅れた場合の流れと対応のポイント!

キャッシングをして毎月の返済を問題なく行っていれば良いのですが、多重債務などによって多額の借入金があると返済が滞る危険性があります。キャッシングで返済日に遅れると基本的に翌日には電話連絡が来ます。良くテレビドラマなどで怖いお兄さんが取り立てに家に来るような事を想像する方もいるかもしれませんが、昔はともかく今は賃金業法によって無理な取り立て行為は禁止されていますので、怖がって電話に出ないというような行為は避けるようにします。
担当者との話し合いで、翌日返済をするとか、給料日が何日だからその日に必ず返済しますと言って、約束通りに返済を行えば金融事故にもなりませんし、特に問題はありません。
電話に出なかったり、約束の返済期日を守らないと何度も電話がかかってくるようになりますし、3か月以上の延滞が続くと金融事故として扱われてしまい、いわいるブラックリストとになり、今後の借り入れなどに不利になります。

まずは連絡をして今後の相談をしてみよう!

誰でも借りたお金ですから、期日通りに返せればよいのですが、なかなか思うようにいかない事が滞納の原因でもあります。業者側もそのあたりは理解をしていますが、なによりも本人が返す気持ちがあるという事を相手に伝える事が理想的な対応だと言えます。
返済期日になって返済を行わずに担当者から連絡がくる事を待つよりも事前に連絡をする事が最も良い方法だと考えられます。借入先の考え方や担当者にもよりますが、こちらがわの返済をするという気持ちが伝われば、きちんとした対応をしてくれます。
連絡を無視すると債権回収業者に担当が変わりますし、いずれは簡易裁判所からの督促状が送られてくる事も考えられます。督促状が来ると基本的に全額を一括で返済するように言われますので、裁判で分割返済を行うようにしてもらうようにします。
最終的に返済が難しいと判断をした時には債務整理を行う事で解決する選択を選ぶことになります。